大十商店のお米

HOME > 大十商店のお米

コシヒカリ

コシヒカリは日本を代表する米の品種の一つで、最もおいしいお米として多くの消費者に好まれています。昭和31年に「越の国(現在の福井県、新潟県)に光輝く米」という願いが込められた「コシヒカリ」が誕生し、今では日本各地の水田の35パーセント(兄弟姉妹・孫品種などを含めると85パーセント)を占めています。特徴は、米の粘りが強く、食味に優れています。「ひとめぼれ」、「ヒノヒカリ」、「あきたこまち」などはみなコシヒカリの子孫にあたり、その他30品種以上にもなります。また、「コシヒカリBL」といういもち病に抵抗性を持つように改良された品種もあります。
「御糸米」は、三重県のほぼ中央部に位置し、伊勢湾に面した海辺の沖積層に属する地帯で、櫛田川水系の豊かな水に恵まれた環境で育てられたコシヒカリです。白銀色に輝き、しっとりと粘り極め付きの風味を持つ一品です。「みえの安心食材」の認定も受けていますので、安心して食べていただけます。

精米について

農家で稲刈り後に脱穀(だっこく)、籾摺り(もみすり)で籾殻(もみがら)を取り玄米にします。その玄米を当店で選別します。
等級付けを行います。1等・2等・3等・・・それから、米の美味しさをはかる食味計で数値分析を行います。
精米とは、玄米から糠(ヌカ)部分を削り取り、色彩選別機とよばれる機械で色つき米などの異物を取り除き白米にすることです。
※「御糸米」は、栄養分(胚芽)をできるだけ残すように精米をしています。
※当店では、ご注文を受けてからの精米となります。 詳しくは『こだわり精米』へ

栄養

米の主な成分は、体のエネルギーのもととなる糖質(炭水化物)、たんぱく質、脂質です。お米に含まれるたんぱく質は、アミノ酸がバランスよく豊富で、糖質は食事の中心とすべき糖類(多糖類)になります。他にはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・カルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛・食物繊維などが含まれています。ご飯を中心に魚や肉、野菜を取ることがバランスの良い食生活と繋がることかと思います。

旬

当地区では、お盆明けから新米の刈り取りが始まります。収穫したての新米は香りが高く、甘みが強いのが特長です。品種によって新米の時期においしいものもあれば、収穫されてから数ヶ月寝かせておいしくなるものもあります。

食味

ご飯には食味値(米の美味しさ)といって、「アミロース」、「たんぱく質」、「水分」、「脂肪酸度(玄米)」の4つの成分から食味値を算出します。点数が高いほどおいしいお米になります。日本産のお米は60〜65点が標準になっています。
当店の「御糸米」の食味数値は、80点を超える米を使用しています。

農家

明和町・伊勢市の提携農家より、毎年秋収穫時に買い付けています。
地元の農家が心を込めて作ったお米を当店が買い付け、「安心」「美味しい」米をより多くの方々に食べていただく・・・それが当社の幸せです。 詳しくは『御糸米のできるまで』へ