大十商店について

HOME > 大十商店について

大十商店の店舗(事務所)は、江戸時代の倉を活用しています。
そこに、昭和の時代に使っていた循環式の精米機があります。
30kgのコメを精米するのに、30分間の時間がかかります。
ゆっくりゆっくりゆっくりとコメの皮を剥いでいきます。
(水車で精米した米が極上の米といわれるゆえんです)
その昭和に使っていた精米機で搗いたコメの味は絶品でした。
昔、米屋は別名「皮剥屋」と呼ばれたそうです。
コメの皮を剥ぐから「皮剥屋」。
先代(父)、先々代(祖父)も含めて、昔の米屋は「精米」作業に心血を注いでいました。
それは、今も昔も同じです。
毎日の気温・湿度によって負荷(圧力)を変えます。
それは、もちろん毎日のコメの品質によっても負荷(圧力)を変えます。
お客様に「美味しい」のお言葉を頂けるよう心血を注いでいます。

店主敬白

会社概要

会社名 有限会社 大十商店
代表取締役 大山 裕一郎
所在地 〒515-0302 三重県多気郡明和町大淀乙722-4
電話 Tel. 0596-55-2156
FAX Fax. 0596-55-4324
設立 昭和21年(米穀卸業)
資本金 3,000,000円
取扱商品 御糸米(商標登録)
事業内容 御糸米の販売
従業員 9名(臨時含む)
沿革 昭和21年 4月  米穀・雑穀店を創業
昭和53年 8月  店舗外に倉庫を創設
平成 6年 4月  精米工場兼倉庫を創設
平成 7年 7月  食味計を導入
平成 8年 7月  低温倉庫を創設
平成 9年12月  『三重御糸米』商標登録発行
平成13年 7月  精米工場兼倉庫に検査倉庫を創設
平成15年 1月  「大十商店」から「有限会社 大十商店」に社名変更
平成16年 9月  トレーサビリティシステム(生産履歴)導入
平成17年 2月  三重県環境マネジメントシステム(M−EMS)申請
M−EMS

大十商店の取り組み

・有機米(JAS)を視野に入れた減農薬減化学肥料米(三重の安心安全食材)
・平成17年産米〜試験的に実施(種子消毒を温湯選に)
・平成20年産米〜みえの安心食材表示制度に登録

◎三重県食品衛生協会「食品衛生賠償共済」加入済み

お店においでいただくには

店頭での販売は午前8時30分〜正午5時までとなります。
正午12時以降も販売はさせていただきますが、電話連絡の上、お越し下さい。

お店の位置は以下の地図をご覧下さい。
地図

スタッフ紹介


松っちゃんです。
女性です。力持ちですが、昨年末に腰を痛めました。

ゆうまくんです。
年上キラーです。寝られない日があるそうです。

店主敬白

母です。
頭が上がりません。